サステナビリティ

エコフレンドリーASANUMA21 エコフレンドリーASANUMA21

 

淺沼組は2010年度より地球温暖化防止対策活動として「エコフレンドリーASANUMA21」をスタートさせ、
「低炭素化、省資源、省エネ」への取り組みを行ってきました。
目標として「CO2排出量を2020年度までに1990年度比40%削減」を掲げ、各部門の取り組みの結果この目標は達成することができました。

2020年には、脱炭素社会実現に向け「2050年度までに、温室効果ガスの排出を実質ゼロにする」との政府の方針も出され、当社としてもこれに賛同し、この度「エコフレンドリーASANUMA21」を改訂し、新たな取り組みをスタートさせました。

◎長期ビジョン

※表が横にスクロールできます

対象 単位 基準年度 目標年度
年度 排出量 2030年度 2050年度
Scope1/2
(建設工事のみ対象)
原単位 t-CO2/億円※1 1990 30 12
▲60%
3※2
▲90%
総量 t-CO2 1990 74,193 16,322
▲78%
3,710
▲95%
Scope3
カテゴリ11(自社設計+他社設計)
総量 t-CO2 2021 693,428 589,414
▲15%
450,728
▲35%

※1:完工高1億円当たりの排出量

※2:目標値の見直し(2023年8月)




詳細につきまして、「エコフレンドリーASANUMA21(2024年度)」をご覧ください。

エコフレンドリーASANUMA21(2024年度) 発行:2024年4月





エコフレンドリーASANUMA21の
主な取り組み

RE100基準を満たした再生可能エネルギー100%電源を作業所に供給




CO2を高度利用したCPコンクリートの開発と社会実装

コンクリートの製造段階から、施工、運用、廃棄の各段階においてCO2をコンクリートに吸収させる技術を研究開発するCPコンクリートコンソーシアムに参画しています。




グリーン調達品の積極的な活用

リサイクル製品として流通している資材について、品質上問題ないものは出来る限りリサイクル製品の使用を推進しています。

  • 再生砕石
  • 再生アスファルト
  • 再生鋼材
  • 再生木質ボード



生物多様性簡易評価ツール「いきものプラス」の活用

「いきものプラス」は、設計者が敷地情報や取り組み内容をパソコン上で入力することにより、CASBEEの新築(簡易版)における生物多様性に関連した項目の点数を算出し、緑化計画立案を支援するツールです。

  • 生物多様性簡易評価ツール「いきものプラス」
  • 誘致種表示画面



その他

CDPの環境情報開示プラットフォームの提供を受け、2022 年度より質問書の回答を始め、2023 年度は 「B」の評価を受けました。(2022 年度は「B-」)
(CDPとは、英国の慈善団体が管理する非政府組織(NGO)であり、投資家、企業、国家、地域、都市が自らの環境影響を管理するためのグローバルな情報開示システムを運営しています。)
サプライヤーエンゲージメント評価2023
サプライヤーエンゲージメント評価2022
スコアレポート解説



ページの
トップへ